SQL Server 2005 Express Edition のインストール手順 
  





広告






twitter


掲示板

FeedWind
      

SQL Server 2005 Express Edition

 このページでは Microsoft より無償で公開されている SQL Server 2005 Express Edition のインストール手順を書いてみたいと思います。
 すみません、こんなこと書いていますが、SQL Server についてはあまり詳しくないです。
「間違いを見つけた」 or 「もっとこうしたほうが良い」などありましたら、掲示板のほうにでも書いていただけたらと思います。


関連ページ
  A5:SQL Mk-2 でサンプルデータベースを作る


SQL Server 2005 Express Edition のダウンロード

 以下のサイトから Microsoft SQL Server 2005 Express with Advanced Services をダウンロードします。
 これは単体の SQL Server 2005 Express に管理用GUIツールを追加したバージョンです。


 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=4C6BA9FD-319A-4887-BC75-3B02B5E48A40

SQL Server 2005 Express Edition のインストール

 ダウンロードした SQLEXPR_ADV_JPN.EXEを起動して、SQL Server 2005 Express Edition をインストールします。

「使用許諾契約書に同意する(A)」をチェックして「次へ(N)>」を押下します。



「インストール(I)>」を押下します。



しばらく待ちます。



「次へ(N)>」を押下します。



「次へ(N)>」を押下します。



「次へ(N)>」を押下します。



しばらく待ちます。



名前と会社名(任意)を入力して「次へ(N)>」を押下します。



「接続コンポーネント」と「Management Studio Express」をインストールする選択にして「次へ(N)>」を押下します。



「混合モード(M)(Windows 認証と SQL Server 認証)」を選択し、「sa」ユーザーのパスワードを設定して「次へ(N)>」を押下します。
Microsoft ではセキュリティ上の理由から本来は、Windows 認証モードを推奨しています。






「インストール(I)」を押下します。



しばらく待ちます。



「次へ(N)>>」を押下します。



「完了(F)」を押下します。



スタートメニューから「SQL Server 構成マネージャ」を起動し、「TCP/IP」のプロパティを開きます。



IPALLの欄で、「TCPポート」に 1433 を指定します。



「OK」を押下します。



「SQLEXPRESSのプロトコル」を選択して、「TCP/IP」を有効化します。



「OK」を押下します。



「SQL Server 2005 のサービス」を選択して「SQL Server (SQLEXPRESS)」を再起動します。



コマンドプロンプトから SQLCMD.exe を起動して接続できることを確認します。





つながらない場合

つながらない場合、ファイアウォールの設定から TCP/1433 のアクセスを許可します。



Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。

home

 








[an error occurred while processing this directive]